私流!高麗人参の選び方

メインイメージ

私流!高麗人参の選び方

画像

健康食品といっても実にさまざまなアイテムがありますが、
このサイトでおすすめしているのは、高麗人参のサプリメントなど。
ただ、高麗人参のなかにも実はいろいろな商品があります。

そのうちから何を購入すればいいのかということで頭を悩ませている人もいるでしょう。 そんな人の為に、ここでは私流!高麗人参の選び方と題して「最適な選び方」を詳細に解説していきます。

私が基準としているポイントは下記のとおり。是非参考にしてください。

サポニンの含有量

画像

高麗人参には多岐にわたる効果があり、その背景から万能薬と呼ばれていました。 その効果の鍵を握っているのはサポニンという成分です。
サポニンは天然の界面活性剤とも言われている物質で、植物のほとんどに含まれています。

しかし、高麗人参に含まれているサポニンは質が一味違います。
ガンの予防などにも効果を発揮し、アンチエイジングや美容などにも役立つのです。
質だけではなく量もポイント。
なんと高麗人参(特に韓国産が高品質)には30種類以上のサポニンが含有されています。
このようにサポニンが「どれくらい配合されているか」を見極めるのは、
優秀なアイテムを見極める非常に重要な判断基準となります。
では、どんな高麗人参にサポニンが沢山含まれているのでしょうか?

製品から言ってしまえば、ずばり高麗美人はおすすめ。
この製品は上記したようにサポニンが豊富。
これには「六年根」と「紅参」というキーワードが大きく関係してきます。

◇六年根を選ぶべし!

画像

高麗人参に含まれるサポニンの量は、その栽培年数が大きく関係します。
一般的に高麗人参が栽培されるのは1年から6年の間と言われています。
この間に高麗人参は土地の栄養分を吸収し、その体のなかにサポニンをはじめとする栄養分をどんどん溜め込んでいくのです。

つまり、結果的に六年目に収穫される高麗人参には、それ以前に収穫されたものよりも豊富にサポニンが配合されているということ。
その為、六年目に収穫された「六年根」は最高と言われているのです。
高麗美人は、六年根を使用している為、高品質と判断しました。

◇紅参を選べ!

紅参というのは高麗人参の加工方法のこと。
一般的に高麗人参は白参・水参・紅参の三種類のうちどれかに加工されて出荷されます。
このうち紅参とは皮を剥がずに湯通ししてから乾燥させる加工方法で仕上げたもの。
サポニンは高麗人参の皮の間い凝縮されていると言われており、
皮を剥いてしまう他の加工方法と比べると、紅参はサポニンの保存量が最大化できるというわけです。
高麗美人は、紅参に加工された素材を使用してサプリメントに仕上げている為、
非常に高品質というわけです。

◇オマケに産地も意識しよう!

画像

高麗人参選びにおいて産地は意外にも重要なポイント。
産地によって含まれているサポニンの種類が違うのです。
高麗人参そのものの太さや栄養価も大きく異なります。

例えば日本産のものはサポニンは8種類程度しか含まれていませんが、
韓国産のものであれば30種類以上のサポニンが含有されます。
これは土地との相性によって決定されるものであり、
高麗人参栽培が難しいと言われる背景の一つでもあります。
最高品質の高麗人参サプリを使いたいのであれば、産地も意識して製品選びを行いましょう。 ちなみに高麗美人は韓国・プンギ産の高品質な高麗人参を使っています。