私流!高麗人参の選び方

メインイメージ

高麗人参を服用してむくみを緩和させましょう

日や体調によって、また、慢性的にむくみが気になっている方はいらっしゃると思います。むくみは冷えから引き起こされます。身体が冷えることにより、体中の血行が悪くなると、内臓の働きも低下してしまうことが起因しています。
 それにより、新陳代謝機能が低下、腸の動きが悪化し、水分が体内に溜まりやすくなるのです。また、むくむことにより体内の水分がうまく排出されず、身体が冷え続け、ますます悪循環となるのです。特に女性に多いと言われる冷え性は大敵です。
 女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンというものがあります。エストロゲンは思春期から分泌量が増加し、自律神経や感情の動きなどに関わる一方、プロゲステロンはエストロゲンの過剰分泌がもたらす健康への害を防止する均衡作用があります。
 しかしストレスなどにより、このバランスが崩れるとむくむ原因となります。ストレスを解消することも大切なことになります。
 骨盤の歪みや、筋力の低下により、本来正常な位置にあるべき臓器などが下へ下がってしまいます。それにより、血行やリンパの流れが悪くなり、むくみやすくなるのです。では、どのように対処すればよいのでしょうか。
 そこで、効力を発揮するのが高麗人参です。主に北方中国や韓国の山岳地方に自生しています。中国においては、すでに2千年も前から長生きに良いものとされていました。漢方としても長く親しまれてきています。
 単体でも、効用があり、他の漢方薬と併せてもまた別な効用をもたらす万能薬でもあります。そして、水太りには最適な薬として有名です。体内の悪いものを排出してくれる役割を持っているのです。前述したとおり、冷えは内臓の働きを弱くします。
 そして、心臓の働きを弱めて、血圧を低くします。高麗人参に含まれるジンセノサイドは心臓の働きを強くし、血圧を正常にすることにより、血液の流れを改善する作用があります。
 身体が冷えることにより、貧血状態になっている身体を高麗人参に含まれる鉄分がそれを解消し、体内の悪い水分を吸収しながら胃腸の働きを改善します。 また、ホルモンバランスの乱れによるイライラにはビタミンB群が効果を発揮します。
こちらのサイトにも、 高麗人参で冷え症を改善の解説がありました。
 そして、副作用もなく、神経の鎮静作用もあるため、ストレスからくる胃腸の痛みなどにも効果があります。ストレス解消へもつながるというわけです。むくみが気になる方は、高麗人参を服用しながら、ストレッチや運動などを行いましょう。冷えの少ない身体を手に入れることができるでしょう。
高麗人参の様々な効能についてはこちらをご覧ください。