私流!高麗人参の選び方

メインイメージ

高麗人参の価格の高さに秘められた秘密

「良薬口に苦し」という言葉にもあるように、おいしいかは別にして、誰でも健康によさそうと感じる高麗人参。実際、昔も今も多くの人に愛されているのは、高麗人参が持つサポニンやミネラルなど豊富な栄養を人々が実感しているからです。
 しかし、その欠点を一つあげるとしたら、それは値段の高さといえます。高麗人参は育てる過程で非常に難しく、選び抜かれた一部の土壌でしか育たず、また無事に生育するためには、人手による多くの手間ひまを必要とするからです。
サポニンを多く含んだ高麗人参についてはこちらにかいてあります。
 立派に育つのに少なくとも4年、最高品質のものに育て上げるにはなんと6年もの歳月を要します。しかも、刈り入れ後は10年間もその土地を寝かせておかなければ次の作物は育ちません。つまり、それほどその土地の栄養分を吸い尽くしてしまうほどすごい力を秘めているのです。
 それゆえ、販売用に出荷されるものには大変高価格になるのです。サプリメントなどお手頃価格で販売しているものもありますが、特に100%使用した不純物なしの凝縮されたエキスを使用した製品は非常に高価で、入手するのも大変困難ですが、その分栄養価も高く健康によいといえます。
高麗人参の種類についてはこちらをご覧ください。
 高麗人参は、自然治癒力を高める働きがあり、漢方においても大変貴重な存在となっています。例えば、胃腸を強くし、胃液の分泌を正常化させたり、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスをとり、腸内悪玉菌の出す毒素を無毒化する働きもあります。
 さらに現代病の根源ともいえるコレステロールや中性脂肪の分解を促進し、血小板凝集抑制作用と、栓を溶かす作用があり、動脈硬化によって障害をうけた血液や血管をきれいにする働きがあります。
 このように素晴らしい働きをもつのですから、当然ながらお金のない貧しい人々だって手に入れたいと思うのは当然のことです。
 例えば、主要な根幹ではなくても、細い細根とよばれる部位を用いたり、あまり形や大きさのよくないものでも、加工してしまえば栄養分はそのままに価格を抑えて流通させることは可能であり、それらを手ごろな値段で得ることも可能なのです。
 様々な栄養素を合わせもつ高麗に由来する人参は、昔から万能の治療薬ともよばれています。そしてそれは、昔も現在も変わらず、将来においても万人から愛される存在であり続けるのはまちがいありません。